想いをカタチにするデザインで、地域を元気にする!

マヌクリエイト(manu create)は、デザイン・広告制作・WEB制作、ロゴ、チラシ、パンフレット、パッケージなど、デザイン業務を専門にしている三重県名張市にあるデザイン会社です。
表層を整えたデザインだけではなく、仕組みや思考、取組までをまとめてデザインとして捉え、地域産業や物産、イベントを、ブランドイメージからトータルブランディングすることで「デザインの力」が地域の力になると考え活動しています。
 

 

デザイナーはアーティストではない。

マヌクリはそう考えています。
クリエイティブな職業であり、表現をする職業ではあるけれど、自己の作品を作りたい!とは考えていません。
流行に囚われず、わかりやすく目を惹くロゴ、伝えたい人に直感的に伝わるチラシなど、「デザインする」という根本的なトコロを大切にしていきたい。
お客様の商品やサービスの価値や目的をどのように伝えたらわかりやすく伝わるのか、その商品やサービスを利用するのはどんな方達なのか、その為にはどのようなイメージ作りをしていけばいいのかなど、これらをしっかりと考え、少しでも多くの集客を実現できるよう、マーケティングを重視しつつお客様のご希望にも寄り添った、より良い表現のお手伝いをさせていただきます。

一期一会のご縁で出会ったお客様に、笑顔で満足していただきたい。
そんな思いを込めて日々制作活動をしております。

大阪・奈良・京都・三重の移動可能な範囲は、打ち合わせに伺わせていただきます。
遠方の方はお電話・メールなどでお打ち合わせさせていただきますので、ぜひお問い合わせください。

 

 

経歴

美術大学卒業後、デザイン会社に就職。 百貨店・不動産・美容関係・ロゴ制作・パッケージデザイン・販促ツールの制作など、様々な広告のデザインを経験しました。
グラフィックデザイナー歴20年以上。
独立後は印刷物をはじめ、WEBデザインやフリーマガジンの企画・デザインなども経験し、関西を中心に様々な印刷物のデザイン・WEBデザイン、企業様・個人様の企画・販促のお手伝いをさせて頂いております。

 

 

マヌクリエイトという屋号の由来

お客さまとのお打ち合わせの時に聞かれることのひとつに名前の由来があります。
Manuはラテン語で「手」を意味し、英語でもマニュアルや、マニフェストなど、 手を意味する言葉の接頭語として使われる単語のようです。
また、インド神話の登場人物でもあり、ハワイ語では「鳥」という意味らしいです。
広告デザイナーはアーティストではなく、個性を売り物にはせず、 それらしいデザインというマニュアルの中でいかにしてよりよい物をお客様に提供できるか。
鳥のように翼を広げて、好きなことを職業と出来た喜び。
そしてドンくさくてオッチョコチョイな私は、時には間抜けな愛嬌をかますだろうと思うので、 間抜けのマヌーとチョッとかけていたりもします。
結婚を期に退職し、結婚後はパートでデザイン業を続けていましたが、妊娠を期に職を失いました。
産後もデザインの仕事を続けたかったのですが、預け先が見つからず、子育ての手が少し離れた頃の2010年6月1日、子供達の成長を側で感じながら、自分のペースで好きな仕事がしたいとの思いで、現代表である父と共にデザイン会社を立ち上げました。
当時の作業スペースはリビングの隅っこ。子供が寝ている間や幼稚園に行っている時間を利用してマイペースに働く選択。まだまだ、女性起業とか、フリーランスなんて言葉は少なかった時代でした。それでも亀の歩みですがここまでやってこれたのは「あなたのデザインが好きだ」と言ってくださるお客様に恵まれたおかげです。
気がつけば、働き方改革、一億総活躍社会実現、女性雇用推進など、この約10年で世の中の認識は目まぐるしく変化しました。
今や女性でも起業という選択肢を選ぶ方も増えてきています。これからも、ますます多様性が認められる社会になればいいなと願っています。